ビジネスの基本である名刺管理はデータ化して簡単に管理しよう

女性

攻めの経営スタイルに

女の人

売り上げが見込めない厳しい状況の場合は、守りの経営に入る企業も多いはずです。利益を上げるために、コストカットできるところは最大限に見直していくのです。リストラなどで人件費を削ったり、在庫を整理したり、さまざまな無駄を省いて、極限まで効率化が目指せます。販売促進活動に予算をあてることも難しい状況もあるでしょう。社内のムードは重く暗いものになりがちです。しかし、この守りの経営はあくまで短期的な応急措置にしなくてはいけません。守りの姿勢を続けることは、企業の成長を阻むことでもあります。起死回生を狙うのであれば、攻めの経営に変えていく必要があるのです。販売促進活動を積極的に行ない、戦略的に仕掛けていくことが重要になります。しかし、攻めの姿勢に転じるときには、大胆さと同時に慎重さも求められます。自社だけで改革を進めていく場合はどちらかに比重が偏りがちになるでしょう。複数の視点で、広い視野を持って総合的な改革を推し進めていくことが成功への近道だといえます。そのためには、例えば、販売促進を専門にしたコーディネート会社などの協力を仰ぎながら、消費者のニーズと市場の動向をしっかりと捉えることが必要だといえます。販売促進専門のコーディネート会社では、物流、オフィス、工場、店舗とさまざまなチャンネルに応じてプロフェッショナルなサポートを提供しているといいます。自社の抱える問題を素早く見抜き、問題改善のためのサポートをトータルでコーディネートをしてくれるはずです。