ビジネスの基本である名刺管理はデータ化して簡単に管理しよう

女性

スムーズに管理できる

男の人

企業は多くの契約書を管理する必要があります。賃貸契約書や、ライセンス契約書、基本契約書、個別契約書など、さまざまな契約書を管理しなくてはいけないのです。企業の規模や職種によって、その数は膨大になります。そして、契約書管理では特に注意をしなくてはいけないことがあります。それは、契約内容の期限です。期限が切れた契約書をいつまでも保管していても無駄だといえます。また、更新が必要な契約書もありますので、事前にいつまでに更新手続きをしなくてはいけないのかを把握することが重要です。期限が切れた後に更新すると、新たに新規契約としての扱いになることもあるでしょう。また、期限が切れたことに気づかずにいることで、大きな損害が出ることもあるはずです。リスクヘッジのためには、すべての契約書の内容をしっかりと管理していくことが大切です。しかし、種類や枚数が多いと契約書管理を行うことはとても大変な作業になります。分類して保管して、更新や期限が近づいてきたものを漏れなくチェックしていくことが求められます。手作業で行っていくと、ミスが発生してしまうものです。把握している担当者が不在の場合は、誰か他のスタッフでもスムーズに引き継ぎができるようにしなくてはいけません。そこで便利なサービスが、契約書管理システムを導入することです。契約書管理システムでは、契約更新をアラートで知らせてくれますし、どんな契約書でもスピーディーに検索して呼び出すことができるのです。