ビジネスの基本である名刺管理はデータ化して簡単に管理しよう

女性

社員の意識が向上する

男性

プライバシーマークを取得する企業が増加していますが、プライバシーマークを取得することで、企業はどのような利点があるのでしょうか。まずは、プライバシーマークを取得している企業は、個人情報の管理をしっかりとしている証になるので、信頼性がアップするといわれています。個人情報の漏洩問題は、ときに企業の経営に大きなダメージを与えてしまいます。取引先や顧客に対しての損害賠償を支払う必要が出るケースもあります。情報漏洩の規模によっては甚大な被害をもたらしてしまうのです。数億円から数百億円といった巨大な賠償命令が出てしまうこともあるといいます。信頼も失墜し、経営が成り立たないようになり、破たんに追い込まれるケースも珍しくありません。また例え損害賠償を支払えたとしても、失った信頼を取り戻すことは簡単ではありません。長い年月と、今まで以上の努力が必要となります。そのため、未然に防ぐことが最も重要になってくるのです。プライバシーマークの取得は、申請作業などは手間やコストがかかりますが、それ以上に得られるメリットは大きいといえます。顧客や取引先など対外的な信頼を獲得するだけではなく、社内で働くスタッフへも大きな影響があります。個人情報の漏洩問題は、現場レベルの意識改革が必要となります。慎重に情報を取り扱うことの重要性を共通意識として定着させることが求められるのです。そのため、プライバシーマークを取得することで、スタッフの意識も確実に向上させることができるといえます。